現在、10機で乗客に提供しているIFEサービスは4月に39機に増加予定

英国、ダンファームリン – 14 January 2019 –2018年後半に実施された試用期間を経て、チェジュ航空(Jeju Air)ではその保有機材ボーイングB737-800全機にポータブルなBluebox WowワイヤレスIFEを導入する準備が整いました。現在、新しいIFEサービスは航空機10機でお客様に無料で提供されていますが、全面的な導入が完了する2019年4月以降はサービスを提供できる航空機が39機に増加する予定です。現在のところ、仁川国際空港とバンコク、グアム、サイパン、ヴィエンチャン、香港、マカオ、コタキナバル、ダナンといった目的地を結ぶ路線において、Bluebox Wowにより乗客にエンターテインメントが提供されています。

Blueboxの最高経営責任者(CEO)、ケビン・クラーク(Kevin Clark)は、「Bluebox Wowを導入してくださる航空会社の1社としてチェジュ航空をお迎えしたことを大変喜ばしく感じています。アジア全域でリーチを拡大し、多くの分野で革新に注力しているチェジュ航空の成長に当社が貢献できること、さらに機内における乗客体験の改善という面でBlueboxに信頼を置いてくれたことを光栄に思います」と語っています。

Bluebox Wowを利用することで、ウェブブラウザの種類を問わずアクセスできる映画、テレビ、オーディオ、ゲーム、デジタルメディアなど、広範にわたるコンテンツを、航空機客室内の乗客用デバイスに対してワイヤレスストリーミング配信することができます。所有コストが著しく低いBluebox Wowは離散型で、頭上の荷物入れに収納できるポータブルな弁当箱サイズの装置です。

韓国で使用されるすべての電気・電子製品はKC認証の対象となりますが、Bluebox Wowも「KCマーク」を認証取得しています。これは、安全性、電磁両立性(EMC)、周波数(RF)の要件が検証された製品にのみに表示が許可されるマークです。

チェジュ航空についてwww.jejuair.net     

チェジュ航空は、韓国で最も急成長を遂げている航空会社です。2005年に設立されたこの格安航空会社(LCC)は、韓国の済州国際空港を主な拠点とし、ソウルの金浦国際空港もハブ空港としています。Aekyung(愛敬)グループが過半数の株を所有するチェジュ航空は、国内線の他、韓国から日本、中国、台湾、フィリピン、ベトナム、タイ、グアムへのRH(リージョナルハブ)路線を運航しています。2015年11月6日に韓国証券取引所に上場(韓国総合株価指数の対象)したJEJU Air Co Ltdは、2004年以来韓国で上場した初のLCCとなりました。

 

ボーイングおよびB737-800は、Boeing Management Companyの商標です。

Contact us

Send us your details and we'll contact you to discuss how a Bluebox solution can meet your requirements

* These fields are required.

How do we use your information?

How do we use your information?

We will process your data to handle your enquiry in accordance with our privacy policy and the GDPR.

If you indicate consent to receiving company and event news, we will retain your data for these purposes, but you can opt out any time via links in the emails.

Visit Bluebox's Privacy Policy for more information

Close